スポンサーサイト

  • 2010.05.22 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「女性とは6年交際」=週刊誌報道で陳謝−中井公安委員長(時事通信)

 中井洽国家公安委員長は25日の記者会見で、交際女性に衆院議員宿舎のカードキーを渡していたなどと報じた週刊誌記事について、「女性とは6年ぐらいのお付き合いで、週に1回掃除に来てもらっている」と説明した。
 中井氏は同日午前、首相官邸で平野博文官房長官と面会。「私事でお騒がせします」と陳謝し、長官からは「十分気を付けてください」と言われたという。面会後、記者団から「辞任する考えは」と聞かれ、「どうしてですか。全然ない」と否定した。 

<窃盗>仏像2体が盗まれる…愛知・一宮の寺(毎日新聞)
承認内容の見直しなど要求―薬害イレッサ原告・弁護団(医療介護CBニュース)
米医療保険改革を評価=長妻厚労相(時事通信)
普天間で小沢氏「首相も県外移設、約束した感じ」(読売新聞)
離婚直後に元妻絞め殺す 逃走していた40歳男が自首 茨城(産経新聞)

強風で22人けが、16件の建物被害 神奈川(産経新聞)

 全国各地を直撃した強風の被害。神奈川県内では21日、22人が重軽傷を負ったほか、民家の屋根が破損するなどの被害が出た。

 午前4時ごろ、相模原市津久井町の民家で、雨漏り修理のために屋根に上っていた修理業の男性(59)が、強風にあおられ約3・5メートル下の地面に転落し、胸の骨を折る重傷。厚木市緑ケ丘では、道路を歩いていた女性(65)の右足に、強風で飛んできた畳大のベニヤ板があたり、軽傷を負った。

 同市や横浜市、藤沢市、小田原市などでは、屋根の瓦が飛ばされて破損するなど、16棟の建物被害が確認された。

 また、JR相模線の海老名−入谷駅間で、強風で木が線路内に倒れ、一時運休。小田急線でも海老名−伊勢原駅間でロマンスカーの運転を一時見合わせた。

 東京湾アクアラインは川崎浮島ジャンクション−木更津金田インターチェンジ間の上下線で、一時通行止めとなった。

【関連記事】
全国各地で黄砂観測 空の便に影響
静岡県で大雨や強風の被害相次ぐ
強風で5棟焼ける 73歳の男性死亡
強風で交通ダイヤが大荒れ 都内ではけが人も
直前に演習場内で飛び火 御殿場の3人焼死野焼き

<殺人容疑>2カ月長女を揺さぶり 母逮捕 大阪(毎日新聞)
<鳩山首相>「日米同盟基軸の方針揺るがず」防大卒業式で(毎日新聞)
<八千代銀行本店>工事現場に弾痕数カ所 11月にも 東京(毎日新聞)
稲川会代表代行者に清田理事長=官報に公示−東京都公安委(時事通信)
九州新幹線 締結式 青森−鹿児島つながるレール(毎日新聞)

ハイチPKO部隊を激励=隊長らとテレビ電話会談−北沢防衛相(時事通信)

 北沢俊美防衛相は18日、ハイチの国連平和維持活動(PKO)に参加している陸上自衛隊の部隊長らとテレビ電話で会談し、激励した。
 防衛相は1次要員の山本雅治隊長(50)に「慣れない土地でご苦労だった」とねぎらい、同隊長は「体感温度40度の中、米軍やブラジル軍などとも連携し順調に活動した」と応じた。
 2日後に指揮を引き継ぐ2次要員の福永正之隊長(52)は「これから雨期なので、被災者のキャンプ造成が急務。早期に全力を傾注したい」と話した。
 1次要員約200人は先月6日以降に順次出国し、整地やがれき除去、2次要員の宿営地整備などを行った。2次要員約350人は1次要員と交代し、復興支援作業を本格化する。 

【関連ニュース】
【特集】ハイチ大地震取材体験記〜被災地の1週間〜
〔写真特集〕ハイチ大地震
ハイチで耐震診断開始=防衛省派遣の技官
ハイチPKO1次要員が帰国=陸自部隊、現地で復興作業
ハイチ支援会合出席に意欲=岡田外相

<会計検査院>公用車車検で農水省に競争入札実施を要請(毎日新聞)
献金知らない、火の車…小林千代美議員ちぐはぐ説明(読売新聞)
老人ホームで3人刺す…入所の69歳「殺そうと」(読売新聞)
【写眼】北野謙「溶游する都市/Flow and Fusion」(1990年)(産経新聞)
<11年冬季国体>スキー競技の秋田開催が正式決定 (毎日新聞)

<郵便不正>障害者団体の元幹部、起訴内容認める(毎日新聞)

 障害者団体向け割引制度を悪用した郵便不正事件で、偽証明書作成に関与したとして虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた障害者団体「凜(りん)の会」(解散)の元幹部、河野克史(ただし)被告(69)の初公判が15日、大阪地裁(横田信之裁判長)であった。河野被告は「事実関係は争わない」と述べ、起訴内容を認めた。

 起訴状によると、河野被告は04年6月上旬ごろ、厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)らと共謀し、同会を障害者団体と認める偽証明書を作成したとされる。

 河野被告は「村木被告らがなぜ証明書を発行したのか、省内の手続きは分からない」と述べたが、同罪については認める方針を示した。今月23日に論告求刑公判がある。

 村木被告のこれまでの公判で、検察側は、元係長の上村勉被告(40)が作成した偽証明書を、村木被告が同会代表の倉沢邦夫被告(74)に手渡したと主張。上村被告は「私が河野被告に手渡した」と証言し、河野被告は「受け取っていない」と否定している。【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正事件:枝野行政刷新相「検察の間違いの疑い濃厚」
郵便不正:別の元部下も否定 大阪地裁
郵便不正:石井一参院議員、関与を否定 証人出廷
郵便不正:元係長「再逮捕を恐れ」被告関与と供述
石井一参院議員:郵便不正事件での口添えを否定

<中井拉致担当相>「首相は超のんき」朝鮮学校無償化で批判(毎日新聞)
<交通事故>乗用車がトラックに追突1人死亡 千葉・京葉道(毎日新聞)
公務執行妨害で米兵逮捕=もう1人も酒気帯びで−沖縄県警(時事通信)
内閣改造発言に官房長官が不快感=菅氏「不要」、前原氏は「首相判断」(時事通信)
大学のグラウンドにウサギの死体(産経新聞)

首相動静(3月9日)(時事通信)

 午前8時8分、公邸発。「普天間基地の移設先で、継続使用や現行案の可能性は残っているか」に「ゼロベースでやってきたから、アメリカ、沖縄にも理解が得られる案を作り上げる」。同10分、国会着。同11分、院内大臣室へ。同15分、閣議開始。
 午前8時35分、閣議終了。
 午前8時36分から同56分まで、川端達夫文部科学相、津村啓介内閣府政務官。同57分、院内大臣室を出て、同58分、国会発。同9時、官邸着。同2分、執務室へ。
 午前9時22分から同32分まで、滝野欣弥官房副長官。
 午前10時12分、福山哲郎外務副大臣、佐々木隆博農林水産政務官、杉山晋輔外務省地球規模課題審議官が入った。
 午前10時47分、全員出た。
 午前11時1分から同38分まで、政治解説者の篠原文也氏。松野頼久官房副長官同席。同39分から同55分まで、長妻昭厚生労働相、長浜博行厚労副大臣、山井和則厚労政務官。同57分から午後0時7分まで、中山義活首相補佐官。同18分、執務室を出て、首相会議室へ。
 午後0時48分、首相会議室を出て執務室へ。同52分、同室を出て、同53分、官邸発。同54分、国会着。同56分、衆院本会議場へ。同1時3分、衆院本会議開会。
 午後2時8分、衆院本会議散会。同9分、衆院本会議場を出て、同11分、国会発。同12分、官邸着。同13分、執務室へ。
 午後2時15分、川端文科相、鈴木寛文科副大臣が入った。
 午後3時、川端、鈴木両氏が出た。
 午後3時59分、稲盛和夫日本航空会長が入った。
 午後4時45分、稲盛氏が出た。
 午後5時、執務室を出て、同1分から同8分まで、特別応接室で報道各社のインタビュー。「密約についてまとめた報告書が、日米関係に与える影響は」に「密約が明らかになったが、日米関係に影響を与えないことが大事」。同9分、大会議室へ。
 午後5時10分から同34分まで、総合科学技術会議。同35分、大会議室を出て、同36分、官邸発。
 午後5時56分、東京・音羽の鳩山会館着。鳩山友愛塾修了式。
 午後6時34分、同所発。
 午後6時54分、官邸着。同55分、執務室へ。
 午後7時7分、執務室を出て、同8分、官邸発。同10分、公邸着。同11分、「新たな時代の安全保障と防衛力に関する懇談会」の佐藤茂雄座長らと会食開始。北沢俊美防衛相、平野博文、松井孝治正副官房長官同席。
 午後8時34分、会食終了。
 10日午前0時現在、公邸。来客なし。(了)

トキ8羽死亡、2羽も瀕死状態=今秋の自然放鳥に影響も−環境省(時事通信)
<日米密約>再持ち込み容認「会談録案」 69年外務省作成(毎日新聞)
「らき☆すた」住民票大量売れ残り、廃棄の危機(読売新聞)
シー・シェパード船長逮捕 再発防止「?」 不安消えぬ捕鯨関係者(産経新聞)
<元朝青龍>引退に「モンゴルで賛否」…大統領府長官(毎日新聞)

実質年3.8%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値−内閣府(時事通信)

 内閣府が11日発表した2009年10〜12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質が前期比0.9%増、年率換算では3.8%増となった。速報値(前期比1.1%増、年率4.6%増)から下方修正された。
 物価の影響を反映した名目は前期比0.1%増(速報値0.2%増)、年率換算0.5%増(0.9%増)だった。
 実質GDPを需要項目別に見ると、個人消費は前期比0.7%増(0.7%増)、住宅投資は3.3%減(3.4%減)、設備投資は0.9%増(1.0%増)、輸出は5.0%増(5.0%増)、輸入は1.3%増(1.3%増)だった。 

【関連ニュース】
GDP、実質年1.17%増=1〜3月期
実質年4.0%増に下方修正=10〜12月期GDP改定値
積極財政を数年継続=財政再建は「その後」に
需給ギャップ、マイナス6.1%=潜在成長率は80年以降最低-10〜12月期
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に

SS身柄引き渡しに官房長官「司法が適切に判断」(産経新聞)
裁判員判決を修正=量刑理由の一部分−裁判官、後日作成の書面で・岡山(時事通信)
教員の罰則強化、議論は容認=輿石氏(時事通信)
執行部交代考えず=谷垣自民総裁(時事通信)
「がん医療のトータルケア、巻き返しが必要」(医療介護CBニュース)

普天間移設が火種、“政争の島”再び二分か(読売新聞)

 鹿児島県の徳之島が沖縄県の米軍普天間飛行場移設問題で揺れている。

 政府が検討している米海兵隊の訓練移転に多くの島民が反発する一方、経済効果に期待する島民は基地誘致に向けた署名活動の準備を始めた。かつて激しい政争で知られた島は、再び二分されかねない状況になっている。

 「この畑も軍用地になるのかな」。青く澄み切った海に面した畑で、特産の春ジャガイモの収穫に追われていた盛猛朗さん(25)(伊仙町)が、不安そうな表情を浮かべた。黒毛和牛の子牛とジャガイモの生産で、妻(24)と長男(1)を養う。「牛は騒音などのストレスでエサを食べなくなる。ヘリが来れば、島外に出るしかないかも」と言葉にも力がない。

 1月に島が基地移設先として浮上した直後、反対する島民約50人が「徳之島の自然と平和を考える会」を結成。沖縄の米軍被害などの勉強会を重ねてきた。中心メンバーでメロンなどの栽培農家、松村博光さん(63)(天城町)は「まじめに働けば、十分に食わせてくれる環境こそ島の誇り。移設など許されない」と力を込める。7日には約500人が参加する集会を開く。

 ただ、島は反対一色ではない。2月24日、島内の全戸に「基地移設の前提条件を考える」として、〈1〉60歳以上の島民に月10万円の特別年金支給〈2〉島内3町に全天候型の闘牛場設置〈3〉害虫のアリモドキゾウムシ駆除――など15項目の要求案を記したチラシが配られた。

 考案したトレーニングジム経営、谷岡一さん(57)(徳之島町)は「基地は島の経済の起爆剤になる」と訴える。仲間5人と3町長に住民投票の実施を要請したほか、近く政府に移設を求める署名活動も始めるという。「賛成派はまだ少数。でも、良い条件を引き出せれば、島民の多くは賛成するはず」と強調する。

 島は衆院選が中選挙区制で行われた1980〜90年代、全国唯一の1人区だった旧奄美群島区。保岡興治、徳田虎雄の両氏が島を二分する激しい選挙戦を繰り広げた。「保徳代理戦争」と呼ばれた91年の伊仙町長選では、町民同士の衝突や役場への投石騒ぎが起き、機動隊が投入された。

 小選挙区制導入後、両氏が別々の選挙区から出馬したこともあり、島は近年、ようやく落ち着きを取り戻した。伊仙町の大久保明町長(55)は「住民投票などで再び混乱が生じることは、避けなければならない」と警戒を強めている。(松浦篤)

雨の啓蟄、飛来する春…チョウ乱舞(読売新聞)
船形山遭難 男女3人無事下山 作った雪洞に退避(毎日新聞)
男性ひき逃げ容疑でタクシー運転手逮捕(産経新聞)
前原氏、県内移設受け入れ先には追加支援も(読売新聞)
「美人すぎる市議」が20代最後の日に“重大決意”(産経新聞)

<COP10>名誉大使にMISIAさん(毎日新聞)

 国連は1日、10月に名古屋市で開催される「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」の名誉大使に、日本人歌手のMISIAさんを任命すると発表した。

 MISIAさんは長崎県出身。「Everything」などのヒット曲があり、日本だけでなくアジア全域で人気がある。音楽活動の傍らアフリカの子どもが健やかに学ぶ環境づくりを支援するなど国連の活動にも貢献している。

 同条約事務局によると、潘基文(バン・ギムン)・国連事務総長は「MISIAさんは、私たちの活動に関心を持ってもらうために活躍してくれるだろう」と期待。MISIAさんは「皆さんとともに考え行動することで、生物多様性をめぐる世界の問題に取り組みたい」と表明した。

 活動内容は今後発表される。小沢鋭仁環境相は2日の閣議後会見で「環境省としても名誉大使としての活動を支援し、(多くの人に)COP10と生物多様性に関する理解を深めてもらえるよう努力したい」と述べた。【大場あい】

【関連ニュース】
MISIA:ウルトラマンの新作映画の主題歌PVを円谷プロが制作 「星のように輝き続けて」
MISIA:ウルトラマンの新作映画の主題歌PVを円谷プロが制作 「星のように輝き続けて」
稲森寿世:自称「萌え声」の女子高生モデル 歌手デビューで「目標は武道館」
MISIA:奇病まん延する世界に歌で希望!

政府、地域主権2法案を閣議決定(産経新聞)
小沢幹事長 「トヨタ問題で対策を」谷亮子さんから要望書(毎日新聞)
強盗殺人容疑で上田被告を再逮捕 鳥取連続不審死(産経新聞)
前原国交相を口頭注意=個所付け通知で−鳩山首相(時事通信)
“ミロのビーナス”にブラ!?かえって…(読売新聞)

<鳥取県営住宅>障害理由に入居拒否 職員処分、管理人解任(毎日新聞)

 鳥取県西部総合事務所は1日、同県米子市両三柳にある県営住宅三柳団地(156戸)で、男女3人が障害を理由に入居を拒否されていたと発表した。うち2人が拒否された際には、県から委託された管理人の求めに応じて、県の担当者が入居当選者25人の障害などに関する個人情報を漏らしていた。同事務所は関係職員を近く処分し管理人は解任する。

 同事務所の発表によると、25人は昨年8月▽12月▽今年1月の入居者募集の当選者。県の担当者が世帯主名、人数、高齢者や障害の有無を記した資料を渡していた。車いすを使っている3人については障害程度を口頭で知らせ、うち2人が入居を断られた。県個人情報保護条例は個人情報の他目的での利用、提供を禁じている。同事務所は「職員の人権意識が希薄だった」と25人に謝罪した。また、昨年6月に当選した聴覚障害者も、障害を理由に管理人から入居を拒否されていた。結局3人は別の公営住宅に入居することになった。

 県営住宅は03年7月から高齢者、障害者、母子世帯などを対象に優先入居制度が導入されている。障害者は、自分で生活できれば単身でも優先される。管理人には拒否したり、個人情報を要求する権限はない。【小松原弘人】

【関連ニュース】
雑記帳:身体障害者100人がたすきをつなぐ日本縦断駅伝
障害者基本法:抜本改正で推進会議一致 差別禁止法制定も
障害者自立支援給付:新宿区が「65歳以上認めず」の内規
障害者スキー:男子立位で三沢、同座位で谷口がV…大回転
障害者スキー:スーパー複合、森井が座位V…第2日

<雑記帳>歴女来たれ…「甲州軍団出陣」信玄と歩く女性募集(毎日新聞)
廃棄物の不法輸出未遂で初告発=ミャンマーへ冷蔵庫45台−環境省(時事通信)
<外交文書>公開ルールを外部有識者で検討へ…岡田外相(毎日新聞)
少年グループの抗争で23歳男ら逮捕 互いに報復繰り返す(産経新聞)
国民の「幸福度」を調査へ=新成長戦略の指標に−政府(時事通信)

弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)

 昨年1年間で全国の弁護士が懲戒処分を受けた件数は76件に上り、過去最多だったことが日本弁護士連合会(日弁連)のまとめで分かった。

 日弁連は「弁護士の人数は毎年増えており、それに伴って処分も増える傾向にある」としている。

 発表によると、処分の内訳は、弁護士の資格を失う「除名」が1件、所属する弁護士会からの「退会命令」が5件、業務停止が30件、戒告が40件だった。日弁連によると、事件処理を放置したり、報酬を巡って依頼者とトラブルになったりしたケースが目立つという。統計を取り始めた1950年以降、最多は2007年の70件だった。

 ただ、弁護士の人数は増加し続けているため、弁護士数に対する処分件数の割合は0・26%と例年並み。過去10年間は0・22%〜0・34%で推移していた。退会命令を受けると事実上、弁護士活動ができなくなる。

<男逮捕>6カ月長男死体遺棄の疑い 妻と義母も死亡 宮崎(毎日新聞)
仮病で市議会欠席、ハワイから病欠届け出(読売新聞)
鍼灸院経営者ら2人逮捕=無資格はり治療で女性死亡−業過致死容疑など・大阪府警(時事通信)
<JR東海道線>尼崎駅構内で信号故障 一部で運転見合わせ(毎日新聞)
桜井センリ

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
sponsored links
リンク
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
債務整理
サイドビジネス
無料ホームページ
探偵
現金化
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化 
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM